エコへの取り組み

メーカーの当然の使命として、地球環境保全に取り組んでいます。

地球環境 保全への貢献は、メーカーにとっては当然とも言える社会的使命です。シーピー化成では、素材の開発、生産、物流のあるゆる面から見直しを図り、食品容器の軽量化をはじめ、環境に優しい容器の開発、使用済み食品トレーのリサイクルシステムの構築、さらに社内エコ活動を推進。そうした取り組みは岡山県からも高く評価され、「岡山エコ事業所」として認定を受けるなどの成果を挙げています。これからも、地球環境負荷の軽減に向けて、CO2削減やエネルギーの有効活用などのあらゆる取り組みに挑戦し、地球環境保全に貢献していきます。

容器の軽量化・省スペース

輸送時の燃料コストの削減でCO2削減へ。

独自の特殊成型技術により、従来品に比べ10%以上もの軽量化を実現したシリーズを開発したシーピー化成。容器の軽量化はそのまま輸送時の燃料コスト削減につながり、CO2削減効果も生み出しています。また、軽量化に伴う薄肉化により、店舗のバックヤードでの省スペース化も実現。トウモロコシなどの植物から合成した生分解性プラスチックを用いた食品容器も開発しており、環境に優しい素材開発にも力を入れています。

より軽量で高品質の素材開発から生まれた「軽量化シリーズ」。プラスチック原料を使用するメーカーの大きな役割です。

地域と一体でリサイクルシステムを構築。

地域の消費者の皆様や食品流通企業、環境創造企業と協力して、使用済み食品トレーの回収システムを作っています。シーピー化成では、生産工程で発生する廃プラスチックを回収・リサイクルするのはもちろん、スーパーなどから使用済みトレーを回収し、これを熱エネルギー原料として利用しています(粉砕・ペレット化したものに紙類を加えたもの:RPFという)。廃棄物をリサイクルすることで、地球全体の化石燃料の使用削減を目指すものです。

燃やしたときの熱を生かすサーマルリサイクルの他、化学原料に戻すケミカルリサイクル、再生使用するマテリアルリサイクルも。

使用済みトレー回収

社内エコ活動

「岡山エコ事業所」として、さらなる取り組みへ。

シーピー化成は、環境保護活動の一環として廃棄物の排出抑制と循環的な利用に関する取り組みを岡山県より評価され、平成23年3月、ゼロエミッション事業所として「岡山エコ事業所」の認定を受けました。エコ事業所として、さらに相応しい企業を目指して社内のエコ活動も推進。工場やオフィスで空調の温度設定や照度管理、紙資源の削減、事業所周囲の清掃活動など、全社で多彩なエコ活動に取り組んでいます。

循環型社会の形成やゼロエミッションの取り組みを積極的に行っている事業所が「岡山エコ事業所」として認定される制度です。

Copyright (C) 2012, CP CHEMICAL INCORPORATED
Page Top